最近のブログの記事を色々見ています。


by biidesigns01

<   2009年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

鳩山由紀夫首相は29日夜、沖縄県の仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事と27日朝に首相公邸で会談したことを明らかにした。都内で記者団の質問に答えた。30日午前に正式に会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり意見交換する。

 首相周辺は会談の事実を否定していたが、首相は「会ったことは事実だ。普天間を中心に話をした」と述べた。(産経新聞)
[PR]
by biidesigns01 | 2009-11-29 23:06
優勝争いが鹿島、川崎、G大阪に絞られたJ1は28日、各地で第33節を行い、鹿島はG大阪、川崎は新潟と対戦する。首位鹿島が勝ち、2位川崎が引き分けるか負けると、鹿島のリーグ史上初の3連覇、通算7度目の年間優勝が決まる。ライバルをホームで迎え撃つ鹿島は27日、茨城県鹿嶋市内の練習場でセットプレーを入念に確認した。
  ◇  ◇
 鹿島は地元で最終調整。史上初の3連覇を目の前にしても、選手の表情に気負いは感じられなかった。MF小笠原が「いつも通りです」と淡々と話せば、DF伊野波も「重圧?それは去年で分かっているから」と、2連覇の自信を漂わせた。
 一時は5連敗と泥沼を経験したが、終盤にきてしっかりとチームを立て直し、現在は3連勝。攻撃の鍵を握るFW興梠は「相手と力は変わらないと思うので、気持ちで負けないようにしたい。先制点を取りたい」と表情を引き締めた。
 一方のG大阪はMF加地を除くベンチ入り予定メンバーが約1時間、ボール回しなど軽めのメニュー。西野監督は「満身創痍(そうい)の選手もいるが、全部を出し切りたい」と闘志。MF遠藤は「魂を込める」と意気込んだ。
 前節で首位から陥落した川崎は勝って最終節に逆転Vへの望みをつなげたい。新潟はJ2時代を含めてリーグ戦通算8勝1分け16敗と相性の悪い相手だが、初タイトルへ意地を見せるか。(デイリースポーツ)
[PR]
by biidesigns01 | 2009-11-28 14:17
25日、東京・丸の内で行われた新橋演舞場1月公演の制作発表会見での市川海老蔵(32)との一問一答は次の通り。

--彼女と知り合って一番変わったことは

 「意外とおれの中では変わっていないんですよ」

 --結納とかの予定は

 「はっきり決まってから改めてお話しします」

 --彼女の魅力は

 「すごく純粋な方ですね。それが僕としては一番ひかれた」

 --ご両親が「あんなに殊勝なせがれを見たのは初めてだ」と言っていたが、大きな心境の変化があったのか

 「絶対に見つからないような行動を瀬戸際までやって初めて父と母に話したものですから。家に呼んだので緊張した。ここで失敗するわけにはいかないし。緊張感があったし、純粋な彼女に対して僕も敬意を持って接したことが父にはそう映ったのでしょう。僕としては変わったつもりはない」

 --自宅に連れて行くときに彼女に何と言った?

 「向こうのご両親に先にお会いしていたので、一度僕の父と母に会ってくださいと」

 --お互いを何と呼び合っている?

 「恥ずかしいね、これ(笑い)。いや、下の名前を呼ばせていただいてます」

 --「さん」づけではなく呼び捨てで?

 「いや両方ですね。向こうは『さん』をつけてくださっています。今のところは(苦笑)」

 --「海老蔵さん」ですか

 「いや、本名ですね」

 --「孝俊(たかとし)さん」?

 「あまり大きな声で言われても困るんですけども(苦笑)」

 --「愛し続けます」という言葉に対して、麻央さんは何と言っていたか

 「大変喜んでいました。(麻央のまねをして)『ウレシイ』と(場内爆笑)」

 --実際にプロポーズの言葉は

 「感じ悪いんですけど、日々がそういうことですね」

 --毎日「愛している」と言っているんですか

 「もちろん。甘い? 甘くないですよ、普通ですよ」

 --今回ばれなかったという部分で、新春花形歌舞伎でも共演する(中村)獅童さんからのアドバイスは

 「彼のアドバイスはアドバイスにならないので(場内爆笑)」

 --新春花形歌舞伎に麻央さんは来るんですか

 「歌舞伎が好きなので、来るんじゃないですか」

 --どんな姿を見せたい?

 「別に。いつも通りです。そんなに気負うこともなく、お客さまが一番大事ですし」

 --どんな料理を作っている?

 「僕は今、肉を食べないし、魚は根本的に食べない。だからゆでた野菜とか比較的難しくはない(料理)」

 --結婚はいつごろ?

 「来年中にできればいいですね。まず舞台があるので、僕のスケジュールを見ていれば何となく春や秋じゃないかと思われるが、そのころじゃないですかね」



 小林麻央と市川海老蔵が、近く婚約することを明かにした。連名のファクスを報道各社に送った。全文は以下の通り。


小林麻央と市川海老蔵のファクス全文


 皆様へ

 私たち、市川海老蔵と小林麻央は結婚を前提にお付き合いを致しております。

 このたび、近日中に婚約の運びとなりますことをご報告させていただきます。

 仕事を通じて知り合い交際を続けてまりましたが、これからもより一層お互いへの思いやりを忘れず人生を共に力を合わせて歩んでいきたいと思っております。

 皆様には今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

          市川海老蔵

          小林麻央

(産経新聞)
[PR]
by biidesigns01 | 2009-11-25 22:52
鳩山由紀夫首相は24日、自身の資金管理団体「友愛政経懇話会」の偽装献金問題で、東京地検特捜部が懇話会の会計事務担当だった元公設第1秘書について政治資金規正法違反(虚偽記載)罪で在宅起訴する方針を固めたことに対して「これから(東京地検が)最終的な判断をされるわけだから、すべて検察にお任せしている。どうなっていくか、私自身のことも含めて申し上げる時期ではない」と述べた。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

 菅直人副総理・国家戦略担当相は記者会見で「首相自身が捜査当局の判断を待つ姿勢でいいのではないか。いろいろ批判があるのは当然だが、政権そのものが揺るがされることにはならないのではないか」と強調した。

 一方、民主党の小沢一郎幹事長は同日の記者会見で、公設第1秘書らが水谷建設幹部から都内の高級料亭で頻繁に接待を受けていたなどとする報道に対し「事実関係も聞いたが、まったくでたらめの報道だ、ということで、そのような事実はない」と強く否定、「日本のマスコミの報道のレベルに疑問を呈したい」と報道を批判した。(産経新聞)
[PR]
by biidesigns01 | 2009-11-24 23:06
NHK紅白歌合戦に初出場を決めたジャニーズ所属の人気アイドルグループ「嵐」は、23日にNHK放送センターで行われた記者会見には出席せず、メンバー5人がそれぞれコメントを寄せた。

リーダーの大野智 「嵐10周年、そして紅白歌合戦が60周年を迎えるこの記念すべき年に出場させていただけることに、本当に感謝しています! 嵐5人で精いっぱい歌わせていただきます!」

 櫻井翔 「この度、子供のころから見ていた、紅白歌合戦に出演させていただけること、大変光栄に思います。一年の総決算ともいえる、大みそかの風物詩。僕たちの十年分の感謝の想いを、届けたいと思います。よろしくお願いいたします」

 相葉雅紀 「すごく光栄です! 紅白の60周年のタイミングに10周年の嵐が出場させていただき、2009年の締めくくりができて本当にうれしいです。いろいろな方に見ていただけるチャンスなので、精いっぱい歌わせていただきます! 楽しみです!」

 二宮和也 「僕たちは今年で10周年を迎えることができました。そして紅白は60周年。歴史は違えど、共に記念すべき年に素晴らしい機会をつくっていただき、本当に光栄です。僕たちらしいパフォーマンスをして今年を締めくくりたいです!!」

 松本潤 「10周年にあたるこの年の暮れに、初めて紅白に出場させていただけることを、本当に光栄に思います。今まで僕らの楽曲に触れたことのない方々にも、聴いていただけると思うので、とてもうれしいです。今年の締めくくりを最高のステージにしたいと思います。初めての出場なので、先輩方の姿を拝見して、勉強させていただきたいと思います」(産経新聞)
[PR]
by biidesigns01 | 2009-11-23 23:19
沖縄県うるま市で市立中学2年の米盛星斗君(14)が死亡した事件で、県警うるま署は20日、集団で暴行を加え死なせたとして、傷害致死容疑で同級生5人=いずれも(14)=を逮捕した。死亡した当初、同級生らは「小屋から落ちた」と説明していたが、遺体に殴られたような跡があったため、同署が捜査していた。
 県警によると、暴行には別の同級生3人も加わっていたが、いずれも13歳で触法少年のため、任意で事情聴取している。全員が暴行を認めており、「すみません」と話す少年もいるという。
 逮捕容疑は、5人は17日午後、同市具志川の空き地に米盛君を呼び出し、午後5時15分ごろから同8時10分ごろまでの間、殴るけるなどの暴行を加えた疑い。
 このうち4人が米盛君を近くのスーパーまで運び、消防に通報。米盛君は市内の病院に搬送されたが、出血性ショックで翌日未明に死亡した。
 4人は当初、米盛君が「プレハブ小屋の屋根から転落した」と話していたが、県警の調べに対し、口裏を合わせていたことを認めたという。また、ほかの仲間も暴行に加わっていたと話した。(時事通信)
[PR]
by biidesigns01 | 2009-11-20 23:43
島根県立大(同県浜田市)1年平岡都さん(19)の遺体の一部が広島県北広島町の臥竜山で見つかった事件で、島根、広島両県警の合同捜査本部は19日、同山登山道入り口近くで、人のつめが見つかったと発表した。
 捜査本部は平岡さんのつめの可能性もあるとして、DNA型鑑定を進めている。
 捜査本部によると、ほかに、つめのような小さい破片を4点、肉片と骨片を1点ずつ発見。いずれも19日午前11時40分ごろ、登山道入り口から約300メートル上った林道の左脇で、落ち葉の上にあった動物のふんから見つかった。(時事通信)
[PR]
by biidesigns01 | 2009-11-19 23:00
週刊誌「フライデー」の記事や写真で名誉を傷つけられたとして、大相撲の貴乃花親方夫妻が発行元の講談社に3750万円の賠償などを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は18日、計440万円の支払いを命じた1審判決を変更し、賠償額を計715万円に増やした。大坪丘裁判長は記事、写真ともに1審より広い範囲で違法性を認定し、写真について「隠し撮りで人格的利益を侵害している」と指摘した。

 同誌は05年6~8月、7回にわたり「夫妻が父の故二子山親方の財産を無断で処分した」などと遺産相続に関する記事を載せ、夫妻のプライベート写真を掲載した。

 高裁は、貴乃花親方が新幹線内で眠ったり書店で本を読んでいる姿などの写真掲載について「他人に知られたくない無防備な状態を撮影したもので、遺産相続問題とも直接関係なく、受忍限度を超えている」と判断。記事の主要部分も「裏付けがなく真実と認められない」と指摘し、夫妻が名誉棄損と主張した記事5件と写真6点すべてについて違法性を認めた。

 1審・東京地裁は、記事4件と写真1点を違法と判断していた。1審が認めた謝罪広告については、高裁は「相続問題が解決している」と退けた。【伊藤一郎】

 ▽フライデー編集部の話 1審は写真掲載の意義を認めたが、2審は承諾なしに撮られた写真の掲載をすべて違法と断じ、写真報道の正当性を否定した許し難い判決だ。(毎日新聞)
[PR]
by biidesigns01 | 2009-11-18 23:37
【釜山・朴鐘珠】韓国・釜山市の「ガナダラ実弾射撃場」で起きた火災から一夜明けた15日、現場から運ばれた10遺体が安置されている釜山郊外の大学病院で身元確認の作業が始まった。地元警察当局者によると、日本人6人の家族が同日夜までに現地入りして立ち会い、4人については家族が身元を確認した。だが、2人の家族は損傷の激しい遺体を前に身元確認ができなかった。警察はDNA鑑定で身元の最終確認を行うことにしているが、結果が出るまでには「24~36時間かかる」という。
ツアーに参加して惨事に巻き込まれた荒木英輝さん(36)の父、英忠さんは、弔問に訪れた韓国の鄭雲燦(チョンウンチャン)首相の手を両手で握り、首相を食い入るように見つめて「息子は韓国を楽しみにしとって……残念でならんです」と訴えた。英輝さんの妻も「何を言っても主人は帰ってこないでしょう」と消え入るような声で語った。英輝さんが安らかな表情を見せていたことが、せめてもの救いだったという。

 鄭首相は遺族との面会後、「他国で家族を失うことの心痛は重く、釜山市などと協力して遺族のために特別な措置を取るよう最善を尽くす」と述べるとともに、徹底的な原因究明と再発防止策を講じていくことを約束した。

 病院には、韓国人の死者を含めた10人の遺体が安置されている。喪服をまとって号泣する韓国人遺族とは対照的に、日本人家族らは普段着で気丈に振る舞っていたが、遺体との対面後は支えをなくしたようにベンチにへたり込み、泣き崩れた。控室でも床に座り込んで黙り込み、病院側が用意した飲み物にも手をつけようとしなかった。

 遺族らはその後、現場の射撃場にも足を運んだ。家族の名を叫んだり、手を合わせたりしながら20分間ほど、寒空の下で狭い路地に立ち尽くしていた。

 一方、負傷した原田洋平さん(36)ら3人の家族は、負傷者が搬送された釜山市内2カ所の病院へ向かった。

 ◇安否が不明の方々

 日本総領事館によると、現場にいた日本人は観光会社のツアー客9人と別のツアーの2人。9人は▽荒木英輝さん(36)▽稲田篤信さん(37)▽大久保章さん(37)▽笠原勝さん(37)▽島田明さん(37)▽中尾和信さん(37)▽原田洋平さん(36)▽前田大輝さん(36)▽宮崎英生さん(36)。残る2人は▽落合政洋さん(55)▽永浜正則さん(57)。(毎日新聞)
[PR]
by biidesigns01 | 2009-11-15 23:29
【シンガポール時事】鳩山由紀夫首相は14日午後、アジア太平洋経済協力会議(APEC)に合わせて開かれた最高経営責任者(CEO)サミットで講演し、紛争や災害の被災者を救援するため、海上自衛艦を活用する「友愛ボート」構想を明らかにした。紛争地域に自衛隊を派遣するとも取れる発言で、国内で物議を醸しそうだ。
 首相は同構想について「日本の自衛艦に自衛隊のみならず、NGO(非政府組織)あるいはアジアの多くの人たちが協力して乗り込んで、紛争があって人の命が危ないとなれば、その船が行って医療などの協力を行う」などと説明。「柔軟に動くことができる船を活用することによって、人の命を救うための体制をアジア太平洋地域の人たちが協力して行う発想だ」と語った。(時事通信)
[PR]
by biidesigns01 | 2009-11-15 00:24