最近のブログの記事を色々見ています。


by biidesigns01
覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪で起訴された女優酒井法子被告(38)は保釈から一夜明けた18日、入院先の都内の大学病院で治療を受けた。担当は、メンタルヘルス科と泌尿器科の主任教授2人を中心とするチーム。1日4万円ともみられる個室に入院し、精神面のケアと点滴治療を開始。臓器障害の検査も始める。

 17日の記者会見では弁護士が酒井被告について「メンタル面の治療のための入院」と説明していたが、意外な専門分野の権威がチームに加わった。「泌尿器科」の主任教授だ。

 関係者によると、多くの芸能・著名人の治療にも携わってきた医師で、“膀胱(ぼうこう)の権威”という。この日から問診と点滴治療が始め、精神的なケアだけでなく、覚せい剤による臓器障害の影響はないかなど身体的な精密検査も始めるとみられる。

 専門家によると、覚せい剤によって排尿が困難になったり、「横紋筋融解症」という腎不全や尿細管細胞障害などを誘発する重篤な病気になるケースがある。こういった危険もないかを詳しく調べるもようだ。

 チームの中心となるのは、いわゆる精神神経科にあたる「メンタルヘルス科」の主任教授。覚せい剤使用者の多くは、薬物を使用せずにはいられなくなる「精神依存」が強いため、最も重要な治療となる。

 別の専門家によると、治療プログラムは「自分がやってきたことを自ら振り返る作業から始める。それを素直に言葉で表現し話していくことが第一歩」。特にこの病院では、治療ターゲットとなる症状を絞り込んで改善していく治療で知られる。こちらの主任教授は精神神経関係の多くの学会で理事を務める国内でも屈指の名医と言われている。(スポニチ)

とほとほ倶楽部
[PR]
# by biidesigns01 | 2009-09-19 19:20
19日午前、群馬・長野県境の荒船山で、がけ下に男性の遺体があるのを登山者が発見した。群馬県警は、行方が分からなくなっている漫画「クレヨンしんちゃん」の作者、臼井儀人さん(51)=本名・臼井義人=の可能性があるとみて、20日にも遺体を引き揚げ調べる。

 臼井さんは群馬・長野県境の荒船山(1422・5メートル)に向かうと言って出かけたまま戻らず、11日から行方不明になっている。家族が12日に埼玉県警春日部署に捜索願を出し、連絡を受けた群馬、長野両県警がヘリコプターや警察犬も使い、荒船山や県境付近を捜索していた。

 臼井さんは埼玉県春日部市在住。臼井さんの代表作のクレヨンしんちゃんは、春日部市の幼稚園児、野原しんのすけが主人公の漫画で、平成2年8月に双葉社「Weekly漫画アクション」で連載が始まり、現在も同社の雑誌「まんがタウン」で連載されている。テレビアニメ化され、劇場用アニメもつくられている。(サンケイスポーツ)

とほとほ倶楽部
[PR]
# by biidesigns01 | 2009-09-19 19:15
音楽プロデューサー、小室哲哉氏(50)=詐欺罪で有罪確定=の経営する芸能プロダクション会社に未払い金14万ドル(約1300万円)の支払いを求める訴訟を起こしていた女性経営者(40)が、新たに小室氏ら個人を相手取り、同額の支払いを求め東京地裁に提訴していたことが分かった。小室氏側が先行する訴訟の中で未払い金の存在を認めており、女性側は「刑事事件の被害者には6億円以上弁済したのに、一切支払いがないのは不誠実」と批判している。【小林直】

 裁判は米国の俳優、チャーリー・シーン氏が作った子供服ブランドの販売権を巡る内容。代理店選択権を持つ女性が06年9月、小室氏の経営する「ティーケーシーオーエム」(TKCOM、東京都港区)を代理店とする契約を結んだ。女性側は「契約に関する未払い金が14万ドルある」として昨年9月、TKCOMを相手に1件目の裁判を起こした。女性側によると、TKCOM側は裁判で未払い金の存在は認めたが「多くても4万ドル(約370万円)」と金額を争っているという。

 TKCOM側が約1年経過しても契約金を一切支払おうとしないため、女性側は8月31日、会社を相手取った先行訴訟とは別に、新たに個人を相手取った訴訟を起こした。被告はいずれもTKCOMの代表取締役を務める小室氏と東京都内の男性で、同じ14万ドルの支払いを求めている。訴状で女性側は「取締役としての義務を怠り資産を散逸させた結果、支払い不能に陥った」と主張している。

 女性側の望月賢司弁護士は「不誠実な対応にやむを得ず提訴した」と話す。一方、小室氏側の佐藤貴夫弁護士は「小室氏は不誠実なのではなく『払いたいが資金がない。働いて返すので時間がほしい』と思っているようだ。(先行訴訟の)未払い金は和解勧告や判決があれば誠実に対応する。ただ(取締役個人の責任を追及する)新たな訴訟については争う」としている。

 小室氏は昨年11月、詐欺容疑で逮捕された。その後、約6億4800万円を被害者に弁済し、大阪地裁は今年5月、この経緯を重視して懲役3年、執行猶予5年を言い渡し、確定している。(毎日jp)

とほとほ倶楽部
[PR]
# by biidesigns01 | 2009-09-19 18:10
映画「下妻物語」や「さくらん」の豪快な演技で有名な土屋アンナ(25)が近くスタイリストの男性と再婚することが分かった。妊娠3カ月で、来春にも出産を予定しているという。

 スポーツ報知によると再婚相手は長年、スタイリストとして土屋を担当している3歳年上の男性。モデル並みのルックスに加え、センスも抜群で、業界でも名の知れた存在という。土屋は2004年6月にタレント、こずえ鈴の弟で、モデルのジョシュアさんと結婚。同年11月に長男を出産したが、06年7月に離婚した。ジョシュアさんは昨年5月に心不全で急死している(享年25)。


 男性と交際に発展したのは2年ほど前で、長男は実の父親のようになついているという。近く婚姻届を提出するが、結婚式や披露宴は行わないという。


 土屋はモデルやロック歌手としても活動。来月下旬には幕張メッセで行われるロックフェスティバルでマリリン・マンソンやDAIGO(31)と共演するが、しばらくは予定通りスケジュールをこなすという。(夕刊フジ)

とほとほ倶楽部
[PR]
# by biidesigns01 | 2009-09-19 18:05